新刊・これから出る本

無垢の歌  大江健三郎と子供たちの物語

野崎歓

2022年7月刊行

四六判上製 232頁

定価(本体2,000円+税)

ISBN978-4-910790-04-6 C0095

 

チャイルドライクな文学のために

大江健三郎の描く子供たちはなぜ、ひときわ鮮烈な印象を残すのか。〈無垢〉への比類なき想像力にせまる、まったく新しい大江論にして、最良の“入門書”。
これから大江文学と出会う世代へ。読まず嫌いのまま大人になった人へ。大江文学の意外な面白さに触れる一冊。


10年目の手記 震災体験を書く、よむ、編みなおす

瀬尾夏美/高森順子/佐藤李青/中村大地/13人の手記執筆者

2022年3月刊行

四六判並製 208頁

定価(本体1,900円+税)

ISBN978-4-910790-02-2 C0095

 

大切なものを失った人へ、
彼らの傍らにいたいと願う人へーー。

東日本大震災から10年。言葉にしてこなかった「震災」にまつわるエピソードを教えてくださいーー。そんな問いかけから「10年目の手記」プロジェクトは始まった。 本書は、暮らす土地も被災体験も様々な人々の手記をもとに、4人の著者が語りあい、自身を重ね、語られなかった言葉を想像した日々の記録である。他者の声に耳をすます実践がここにある。


人生相談を哲学する

森岡正博

2022年2月刊行

四六判並製 224頁

定価(本体1,800円+税)

ISBN 978-4-910790-00-8 C0010

 

哲学者が右往左往しながら
思索する、前代未聞の人生相談。

人生相談は人間とは何か?という真理につながる扉。その場しのぎの〈処方箋〉から全力で遠ざかり正解のない思索へ誘う哲学エッセイ。哲学カフェ、学校授業でとりあげられた話題連載が書籍化!



出版社の方、個人で出版をする方に朗報!

電子書籍の売り上げ集計と著作者印税の支払通知をウェブ上で簡単に。